ページ内移動用のリンクです

技能審査認定 医療通訳技能認定試験【専門/基礎】

  • 特色
  • 試験概要
  • 試験範囲

厚生労働省『医療通訳育成カリキュラム基準』に沿って初の実施となる試験を平成28年度より開始します。

厚生労働省『医療通訳育成カリキュラム基準』に基づき、医療・保健分野における対話コミュニケーション能力や語彙、通訳技術、倫理など、医療通訳者として必要な知識と技能のレベルを評価、認定することによって、その職業能力の向上と社会的地位の向上に資することを目的としています。

  • 厚生労働省『医療通訳育成カリキュラム基準』は、厚生労働省の平成25年度補助金事業「医療機関における外国人患者受入れ環境整備事業」の一環として、当財団が作成したものです。

特色

厚生労働省『医療通訳育成カリキュラム基準』に対応

一定レベル以上の能力を備えた医療通訳者を育成するための研修や指導要領等についてまとめた、厚生労働省『医療通訳育成カリキュラム基準』に基づき、試験内容や教育訓練ガイドラインを構築。
医療通訳者に必要な知識と技能を適正に評価し認定する試験として、能力の証明やレベルアップのための目標に活用できる試験となっています。

医療通訳者の普及拡大を図る

日本の医療機関を受診する外国人患者が急速に増加する中、言語によるコミュニケーションを支援する医療通訳者の存在は、外国人患者に適切な医療を提供するうえでも今後ますます必要となります。
本試験では、確かなスキルを身につけた医療通訳者を輩出することにより、その普及拡大を図っています。

「専門」・「基礎」のレベルに応じた試験を設定

医療機関等において専門的な要素を含んだ医療通訳業務に従事している方から、ボランティア等で基礎的な内容の医療通訳業務にあたっている方、これから医療通訳者を目指す方まで、レベルに応じた能力評価を行うため、「医療通訳専門技能認定試験」・「医療通訳基礎技能認定試験」の2種類の試験を設定しています。

「医療通訳専門技能者」「医療通訳基礎技能者」の称号を付与

各試験の合格者には、試験の基準に沿った医療通訳に関する知識と技能を有していることを証明するものとして、「医療通訳専門技能者」・「医療通訳基礎技能者」の称号が付与されます。