ページ内移動用のリンクです

技能審査認定 医療通訳技能認定試験【専門/基礎】

  • 特色
  • 試験概要
  • 試験範囲

医療通訳専門技能認定試験の範囲

1次試験

出題範囲 細目
医療通訳理論 医療通訳者の役割
逐次通訳とそのプロセス
対話通訳と相互作用
日本における医療通訳
医療通訳倫理 専門職としての意識と責任
医療通訳者の行動規範
身体の仕組みと疾患の基礎知識 身体の仕組みと働き
循環器、呼吸器、消化器、筋・骨格系、
腎泌尿器と内分泌・代謝系器官、
眼科・耳鼻科・歯科・皮膚科領域、精神と脳・神経系、
産婦人科領域、小児科領域
における疾患とその症状、治療法など
検査に関する基礎知識 検査の種類と注意事項
薬に関する基礎知識 一般薬と処方薬
薬の種類と飲み方
お薬手帳
感染症に関する基礎知識 主な感染症と感染経路・予防接種
日本の医療制度に関する
基礎知識
日本の医療体制
日本の医療制度の特徴
医療保険制度・医療保険給付・公費負担医療制度
医療従事者と患者の
文化的および社会的背景
についての理解
医の倫理と患者の人権
患者の心理・医療従事者の心理
日本に暮らす外国人について
(在留者統計、受診状況、在留資格と滞在ビザなど)
健康や医療、コミュニケーションに関する文化的・社会的相違
医療通訳者の
コミュニケーション力
コミュニケーション・異文化コミュニケーション
患者との接し方
権利擁護と文化仲介
医療通訳者の自己管理 医療通訳者の健康管理
メンタル管理
医療通訳実務 状況に合わせた適切な対応と調整
非言語コミュニケーションの活用
事前準備と情報収集

2次試験

出題範囲 細目
対話通訳 医療対話場面における逐次通訳(模擬通訳)
(言語能力、通訳技術、コミュニケーション能力、調整能力)

医療通訳基礎技能認定試験の範囲

1次試験

出題範囲 細目
医療通訳者の役割 医療通訳者の役割
対話通訳の特徴とその注意点
医療通訳者としての意識と責任 医療通訳者の倫理・行動規範
身体の仕組みと疾患の基礎知識 身体の仕組みと働き
循環器、呼吸器、消化器、筋・骨格系、
腎泌尿器と内分泌・代謝系器官、
眼科・耳鼻科・歯科・皮膚科領域、精神と脳・神経系、
産婦人科領域、小児科領域
などで取り扱う主な疾患とその症状、治療法
※診療所、一般病院などで使用される範囲とする。
検査に関する基礎知識 検査の種類と検査方法、注意事項
薬に関する基礎知識 薬の種類と分類、飲み方
日本の医療制度に関する
基礎知識
日本の医療制度の特徴
日本の医療機関(医療施設)の種類
各診療科の種類
受診の流れ
医療保障制度の基礎知識
医療従事者と患者の
文化的および社会的背景
についての理解
患者の権利と責務
日本に暮らす外国人について
(統計数、在留資格と滞在ビザ)
医療通訳者の
コミュニケーション力
対人コミュニケーション・異文化コミュニケーション
医療通訳者の文化仲介
医療通訳者の自己管理 医療通訳者の健康管理(感染予防)
メンタル管理
通訳実務 医療通訳実務の基礎
(適切な通訳方法、通訳時の配慮や注意点など)
医療通訳者の役割 医療通訳者の役割
対話通訳の特徴とその注意点

2次試験

出題範囲 細目
コミュニケーション言語能力 母語と通訳言語における運用能力
逐次通訳 医療対話場面における逐次通訳
(言語能力、通訳技術)