ページ内移動用のリンクです

Q&A

試験について

Q.医療事務の資格は国家資格なのですか?
A.

現在、医療事務の資格に国家資格・公的資格はございません。さまざまな団体で医療事務関連の資格を扱っていますが、すべて民間資格です。

Q.日本医療教育財団の総合的な能力評価のシステムとはどのようなものですか?
A.

医療機関における事務職への期待がますます高まる今日、事務スタッフに求められる業務の種類は広範囲にわたります。従来の医療事務職に加え、医師の負担軽減や、診療データの有効活用などをめざして、医師事務作業補助業務などに従事する職種が新たに脚光を浴びています。また、超高齢社会を迎え、介護保険に精通した事務職や、近年医療機関で増加する訪日・在留外国人患者に対応する基礎的な医療英会話を身に付けた事務スタッフなどの存在も不可欠なものとなっています。
当財団では、ますます広がりを見せる医療と介護の事務業務の分野で、その様々なフェーズに対応できるような総合的な能力開発をめざし、医療と介護の各種資格試験/技能認定を取り揃えています。
例えば、医療機関の事務スタッフとしてキャリアプランを描く場合でも、スタート段階では、医療事務の基本(医療事務技能審査試験)をマスターして、医療事務コンピュータを操作(医事オペレータ技能認定試験)しながら請求業務に従事するイメージが目標となります。
やがて、医師事務作業補助(医師事務作業補助技能認定試験)や介護事務(ケアクラーク技能認定試験)の専門家として仕事の幅を広げたりしていく自分を思い描いていくことができます。当財団の各種資格試験/技能認定は、このようなキャリアパスの様々なフェーズに対応し、総合的に医事技能者としてのキャリアアップをサポートしていくためのシステムとなっています。

Q.医療事務技能審査試験」の特長はなんですか?
A.
  1. 1.40有余年にわたり実施している、実績と信頼のある試験です。
  2. 2.医療事務関係としては最大規模の全国統一試験です。
  3. 3.試験科目は、医療機関での実務に即した内容で構成されています。
    レセプトの点検技能を問う『診療報酬請求事務』や、接遇マナーを問う『患者接遇』など、医療事務職として医療機関で求められる内容が盛り込まれています。
  4. 4.試験の実施にあたっては、病院団体の公益社団法人全日本病院協会と提携し、公正・適切な試験の運営に努めています。
  5. 5.試験に合格すると「メディカルクラーク」の称号が付与され、医療事務職として必要な能力を備えていることを証明することができます。
Q.医師事務作業補助技能認定試験」とは、どのような仕事に関する試験なのですか?
A.

病院勤務医の負担軽減を目的に、医師の行う事務作業をサポートする仕事として注目度が増している「医師事務作業補助者」に関する能力を問う試験として、公益社団法人全日本病院協会と当財団の共催で実施しています。
診療報酬で評価される「医師事務作業補助体制加算」の施設基準に含まれる基礎知識習得科目に対応した試験であり、各種診断書・証明書・処方せんの作成等の事務作業に加え、医療関連法規や医学・薬学等、医師事務作業補助者として必要な知識と技能を評価・認定します。
合格者には、「ドクターズクラーク」の称号が付与されます。

Q.受験した後、自宅の住所が変更になりました。何か手続きは必要ですか?
A.

下記①~⑧の項目をご記入のうえ、Email、FAX、郵送のいずれかで、日本医療教育財団本部へご連絡ください。
①受験した試験名称
②受験日
③受験番号
④氏名
⑤変更前の住所
⑥変更後の住所
⑦電話番号
⑧住所変更(予定)日

Q.合格証書を紛失した場合、再発行はできるのですか?
A.

医療事務技能審査試験や各種技能認定試験の合格証書を紛失・破損した場合は、所定の手続きをとることにより、再交付を受けることができます。再交付には手数料がかかります。
なお、試験制度の変更による旧制度での合格者には合格証書ではなく、合格証明書を発行しています。再交付等をご希望される場合は、受験された試験名称・受験日・受験番号をご確認のうえ、当財団までお電話でご連絡ください。