ページ内移動用のリンクです

技能審査認定 医療秘書技能認定試験

医療秘書業務に必要な、医療事務や医学、秘書実務等に関する知識と技能のレベルを評価、認定することによって、その職業能力の向上と社会的経済的地位の向上に資することを目的としています。

特色

チーム医療を支える

医療秘書の業務は、医事課や医局、教授等の秘書業務まで多岐にわたっています。
当試験はこうした業務に対応できるよう、接遇マナーや医療事務をはじめ秘書実務、さらに医学・薬学、病院組織関係など幅広い審査領域で実施しています。

教育機関の団体受験として実施

医療秘書教育は、主に専門学校や短大、大学等の教育機関で実施されています。医療秘書技能認定試験は、こうした教育機関で履修した方の成果を評価するものとして、当該認定試験の受験資格を有する受験校を対象とした団体受験として実施しています。

試験実施要領

試験の対象 医療事務や基礎医学の知識をはじめ、医療会計、秘書実務などの能力、知識と技能を評価の対象とします。
受験資格 教育機関等が行う教育訓練のうち、認定委員会が認定規程により定める「医療秘書技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合する医療秘書教育課程を履修した者
試験日程 年2回(8月、2月)
試験会場 各都道府県内の公共施設等
試験内容
学科
(1)受付・案内業務 (2)医療コスト計算 (3)医学知識・用語 (4)秘書実務・感性 (5)社会・組織関係 /三肢択一式 /30問
実技
医療機関における接遇マナーの基本的事項が身についているか否かを審査します。
(1)接遇の基本事項および基礎知識 (2)顧客の案内および応対 (3)電話の応対 /面接形式 /1問

※「受験校」による受験については、実技試験が免除となります。

試験時間 学科・実技あわせて180分
受験料 5,000円
試験申込
  1. 1.当該試験日の2ヵ月前より、当該試験日の2週間前までを受付期間とします。
  2. 2.所定の受験申込書に、認定委員会が定める教育訓練ガイドラインを履修したことを証明のうえ、受験料を添えて、当該受験地域の日本医療教育財団支部へ郵送(現金書留)またはご持参ください。
  3. 3.申込手続き後、受験票を発行します。
合否の判定 学科試験および実技試験の各々の得点率が70%以上を合格とします。
試験結果の発表 当該試験日から約1ヵ月後に郵送により通知します。
技能認定合格証の交付 当該試験結果通知から約1ヵ月後に郵送します。

医療秘書技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン(PDF:96KB)

医療秘書技能認定試験の受験に必要な教育内容のガイドラインがご覧いただけます。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader が必要です。
お持ちでない場合は、右のボタンよりダウンロードしてください。(無料)

Get ADOBE READER